So-net無料ブログ作成

「深呼吸するための施設」 [記事]

深呼吸1.JPG

(C) teameis 

休日にはどこにでかけますか? 

「ちょっと深呼吸しに」と言って、いそいそと出かけるドイツ人たち。そう、ドイツ各地には深呼吸するための施設があるのです。

これは本来、塩分の濃縮に使われていた「グラディアヴェルク(Gradierwerk)」という設備で、高く積まれた柴の間を岩塩を含んだ水が流れるというもの。その際に噴射される霧が、ぜんそくやのどの粘膜、ストレス解消、血行促進に効果があるとされ、“大気療養地”として人気を博しています。

実際、霧の降るなかをゆったり深呼吸しながら散歩してみると、気管支がすーっと通ってすがすがしい気分になりました。しばらくベンチに座っているだけで、体内の毒素が洗われたようです。 

深呼吸3.JPG

(C) teameis 

日本の赤穂市にある「塩の国」にも同じような設備「枝条架」が復元されているそうですが、療養用としては利用されていません。

塩分を含んだやわらかな霧に包まれてリラックスする休日――。そんな自然の恵みがもたらすエコな健康法を、下記で詳しく紹介していますので、興味のある方はどうぞ。

『日経ヘルス』2010年4月号 「ドイツに古くからある健康法~『深呼吸』をするための施設」

<グラディアヴェルクのあるおススメの街>
★バード・ライヒェンハル(Bad Reichenhall) 欧州最大級のグラディアヴェルク
★バード・ゾーデン=アレンドルフ(Bad Sooden-Allendorf) こぢんまりした昔ながらの趣が残る療養地


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。