So-net無料ブログ作成
検索選択

バイエルン2冠達成! [サッカー]

balkon_get_090510_08.jpg

(C) FC Bayern München AG

ブンデスリーガ(Bundesliga)優勝を祝うイベント(Mesiterfeier)を、先週5月9日にミュンヘン市内でマイスターシャーレ(Meisterschale)を掲げながら行ったバイエルン・ミュンヘン(FC Bayern München)。 

選手、監督全員が、ミュンヘンの民族衣装である皮ズボン(Lederhose)をはいてミュンヘン市内をパレードし、最終目的地の市庁舎前では、方言で「Mia san mia! Mia san Meister! (標準語でWir sind wir! Wir sind Mesiter!)」と飾られたベランダから挨拶しました。

日本の野球の優勝パレードも、ユニフォームや標準語ではなく地域性を持たせると、もっと地域に根ざしたものになるのではないかと思うのですが・・・。

恒例の白ビールによるビールかけ(Weißbierduschen)と、クラブチーム応援歌「シュテルン・デス・ズーデンス(Stern des Südens)」(YouTube視聴はこちらから)、オランダ人監督ファン・ガールやオランダ人選手ロッベン&ファン・ボンメルを応援するときに歌う歌「コム・ヴィア・ファーレン・ナーハ・アムステルダム(Komm wir fahren nach Amsterdam)」(YouTube視聴はこちらから)で盛り上がりは最高潮に。

また、先ほどベルリンで行われたドイツ国内の最強クラブチームを決めるドイツカップ(DFB-Pokal)決勝でも、4対0でヴェルダー・ブレーメン(Werder Bremen)に圧勝しました。35分のフリーキックによるロッベン(Robben)のゴールを皮切りに、51分オリッチ(Olic)、63分リベリ(Ribery)、83分シュヴァインシュタイガー(Schweinsteiger)の計4得点。

ブレーメンはメルテザッカー(Mertesacker)の不運なプレーとキャプテン・フリングス(Frings)の退場により、バイエルンの前に為すすべナシ。きっと今ごろは「シャイス、バチス!」(←北ドイツでバイエルンを罵る言葉。汚い言葉なのでご注意を)と叫んで暴れていることでしょう。

バイエルンは、5月22日にマドリードで、3冠をかけてチャンピオンズリーグを戦います。バイエルンのホームスタジアム「アリアンツ・アレーナ(Allianz-Arena)」では、ファンのために入場料無料でパブリック・ヴューイングが用意され、7万人が固唾を呑んでその結果を見守る予定です。

クラブ史上初の3冠となるか――。乞うご期待!


タグ:サッカー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。